コットン地の毛玉を防ぐ方法

毛玉クリーナー

 

ENBRYブランケットにはやわらかいコットンを使用しています。 厚めの生地などにすると編んだ時にブランケットが硬くなってしまい、上手く重さが伝わらないのです。

そのため、頻繁な摩擦などにより多少の毛玉ができてしまうことがあります。
もし毛玉が出来てしまった場合は毛玉クリーナーでの定期的なお手入れをおすすめいたします。*

 毛玉ができるのは、素材の繊維が摩耗して緩んだ状態になり、表面に繊維が絡み合うためです。

以下、コットン製品の毛玉を防ぐための方法をいくつかご紹介いたします。

        1. 洗濯の仕方を気をつける
          強い洗剤や激しい摩擦は、コットン繊維を損傷させ、毛玉を作り出すことがあります。できるだけ手洗いをする、小さな汚れにはできるだけ部分洗いする、デリケート洗濯用洗剤を使用して洗濯することをお勧めします。

        2. 洗濯機で洗う場合は、強い回転や摩擦を避け、他の洗濯物とは別に手洗いモードなどで優しく洗うようにします。単独でお洗濯することによって他の素材の衣服からの擦れや引っかかりを防ぐことができます。

        3. 乾燥の仕方に注意する
          コットン製品を乾燥する際は、高温の乾燥機や直射日光を避け、風通しの良い場所で自然乾燥させるようにします。高温や摩擦は、繊維を緩ませるため、毛玉の原因となります。

        4. 摩擦を避ける
          使用時に硬めの生地などにこすれると、繊維が摩耗して毛玉ができやすくなります。使用時には、直接こすれるものとの接触を避けることで毛玉を防ぐことができます。

        5. 毛玉取り器を使う
          毛玉取り器は、コットン製品の表面の毛玉を取り除くことができます。定期的に使用することで、毛玉の発生を防止することができます。

          *強力なパワーのある電動毛玉クリーナーなどを使用すると生地の巻き込みによって穴が空いてしまうことがあります。使用する場合はパワーを弱にし、お手入れ部分を必ずフラットにして伸ばしながらお手入れすることをお勧めします。

定期的なお手入れで、長く快適にお使いいただけますように。

Back to blog